<   2006年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧
[小石川植物園] まっかな秋
d0049179_2023491.jpg


白い秋はこちら

[小石川植物園にて]
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-30 19:57 | #C
銀色の船
d0049179_20182191.jpg





d0049179_2019861.jpg





d0049179_20213094.jpg





d0049179_20223591.jpg





d0049179_2023242.jpg


全く無意識に撮ったのに、帰ってから見てみると、いたるところに三角形や、
三角形の相似形や、各辺を結ぶと同じ形になってるところやら・・・
自分の「形の好み」なんでしょうかね。
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-28 20:07 | #C
[生田緑地5] 明日へタイムトリップ
さて、次なる旅へと続く階段
d0049179_21532563.jpg


そこを通り抜けてたどり着いた先には・・・
銀河を超えて、宇宙の彼方へ飛び出す宇宙船
メガスターⅡ
d0049179_2211440.jpg


さあ、アンドロメダのM31星雲まで、ひとっ飛び
(となりに座っているのは、カムパネルラもジョバンニでもなく、確かに今を生きる子どもたち)
d0049179_22112837.jpg


宇宙船で、時間を越えて、翌日の朝の一番星と夜明けを見て・・・
今日の、「いま」に帰り着くと、空には大きな Σ(シグマ)が
d0049179_22114443.jpg

Σって、総和とか融和とか、協調の意味があるんだってね
一緒に銀河を旅した子どもたち、大きくなって平和な明日を頼むぜ!


(生田緑地にて : その5=青少年科学館 プラネタリウム) これでおしまい でも未来はつづく
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-27 19:20 | #C
[生田緑地4] 「チンダル現象」という言葉を教えた人
子どもの頃、夜は母親が木の雨戸をぴったり閉めて、暗い中で寝た
朝になると、雨戸の節穴や隙間から光が差し込んで、光の道筋が見えた
「チンダル現象や」・・・・・・5歳の子どもに向かって、こともなげにそういう父親だった
(こんな風にして自分は言葉を覚えたのだなぁ)
d0049179_2129459.jpg


冬に火鉢の上に、菓子箱についていたリボンをかざして遊んでいたら、火がついた
しばかれるかと思うほどの勢いで怒られた
普段は静かで、怒るときは、びしゃーっと怒る
叱られるとき、父親はものすごく正しくて、怖い人だった(いまだ健在)
d0049179_21305267.jpg


なんか、カマイタチが眷属を連れて舞い降りてきたみたいな雲やね
d0049179_2133913.jpg


縁の下にもぐったりすると、親にも叱られるけど、それより前にカマイタチにやられる
お稲荷さんの社にも、狛犬にも、登ったらあかん
悪いことしたら、バチが当たる


(生田緑地にて : その4=日本民家園) もうちょいだけつづく
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-26 19:16 | #C
[生田緑地3] 時を封じ、時を越えるガラス窓
手作りの、古い分厚い窓ガラスを見つけると、近寄ったり離れたり、
あっちの方を透かしてみたり、こっちから反射を眺めたり、
しばらく、ガラスの前からはなれられなくなる

ガラスを通り抜けた光は、まるで陽炎のゆらめきのような影をつくる
d0049179_2058388.jpg


向こうの景色も、ゆらめくように見える
ガラスに映った風景も、ゆらゆらとして見える
いま目の前にある風景が、まるで思い出の中の風景みたいに見える
d0049179_2058202.jpg

ガラスの中に気泡なんかを見つけたら、嬉しくてたまらない
(作った職人は悔しがったことだろうけど)
そこに、このガラスが作られた時の空気が封印されている

古いガラスは、透かして見れば思い出の見えるタイムマシン
ガラスの気泡は、時を封じ込めたタイムカプセル


(生田緑地にて : その3=日本民家園) まだまだつづく
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-25 21:07 | #C
[生田緑地2] 土と煤の匂い
子どもの頃、農家の友だちの家では、古い茅葺屋根の家を
納屋に使うために残しているところが、わりと多かった
d0049179_2029352.jpg


中に入ると、ひんやりした古い家の匂いがした
たぶん、土と煤の入り混じった匂いだったんだろう
d0049179_20295262.jpg


その友だちの襟元からも、同じ匂いがした
その子の家の匂いがするんやなぁ、と思っていた
d0049179_2030919.jpg


うちには土蔵があって、友だちの家の納屋とはちょっと違う、土壁の匂いがした
自分の襟元からは、その匂いがするんかな、と思った
d0049179_20302990.jpg


どの家も、積雪に耐えるよう柱は太かった
d0049179_20304498.jpg


寺でも観音さんのお堂でも、縁の下に入ったらあかん、
カマイタチにやられる、うちの弟はやられたことがある、と言う友だちがいた

それを聞くたびに、カマイタチって、ホンマにおるんやろか?
おらんでも、縁の下には入らん方がええらしいなぁ、とか思っていた
d0049179_2031570.jpg


冬にその友だちのところへ遊びに行くと、ぜんざいをふるまってくれた
その家のばあちゃんが漬けた白菜の漬物が添えられていて、
甘いもんと漬物は合うんやなぁ、と思いながら食べた

食べながら、友だちの弟や妹が、縁側で猫と一緒に寝転がって遊ぶのを見ていた
縁側は、いつも光のある場所だった
d0049179_20312337.jpg



(生田緑地にて : その2=日本民家園) つづく
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-24 20:26 | #C
ハトにはカモわんでいいのよ
ねえねえ、何してんの? ボク撮ってぇ
d0049179_1125613.jpg



よそ見してないで、ついてらっしゃい!(母)
d0049179_1132098.jpg



ハトにも、カモ(構)わんでいいのよ
d0049179_1134974.jpg



以上、gleybird's world ものまねバージョン(?)でした。。。
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-24 01:14 | #C
南へ行く船
このタラップを上がって
d0049179_0433918.jpg




乗船すると、波にきらめく光が
d0049179_0435387.jpg




船はゆっくりと進み始め、別れのテープも切れて
d0049179_0441013.jpg




めざすはあの彼方の土地
d0049179_0442623.jpg




着いたのは、青空を仰ぐ花園
d0049179_047081.jpg



なんてね、子どもの頃に、橋の上でよくやった遊びです。

(流れ行く川の表をじーっと眺めているうちに、自分の方が、ゆらり、と動き始め、やがて、
あたかも船に乗っているかのように、するすると、自分が動いていく感覚になるのです)
[PR]
by C-Nemo | 2006-09-24 00:44 | #C
ズラズラズラ~・・・ハトずら!
d0049179_222743100.jpg

d0049179_2228673.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2006-09-22 22:28 | #C
[ダモイ:自転車] なぁ、あんたはどこへ還りたい?
d0049179_22171458.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2006-09-22 22:14 | #C


SAMURAI FACTORY