<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
珍しい! 白いタンポポ


d0049179_19365852.jpg


d0049179_19371072.jpg


[追記:2007/07/01]

タンポポに関する情報の、自分の頭の中の記憶は、次のようなものでした。
 (1)タンポポには、日本タンポポと西洋タンポポの2種類があり、ガクの形の違いで識別できる。
 (2)タンポポには、花の色が黄色いものと白いものがある。
 (3)白い花のタンポポは、全部、日本タンポポである。

しかし(ちょっとだけですが)調べてみたところ、このうち(3)は、どうやら誤った認識だったようです。
真実はまだよくわからないのですが、参考になるサイトのURLをご紹介します。

●日本タンポポと西洋タンポポに関して参考になるURL
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tanpopo.html
●白花タンポポに関して参考になるURL
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
●EXCITEブログで、こんな記事を書いている方もいらっしゃいました
 http://pianix.exblog.jp/2315925/

(撮影:2007/06/24)
[PR]
by C-Nemo | 2007-06-26 19:37 | #C
蓮 : 早朝の自転車散歩、ちょっと遠征で発見


d0049179_23542646.jpg


d0049179_23545531.jpg


d0049179_23552656.jpg


d0049179_23555013.jpg


d0049179_2356812.jpg


(撮影:2007/06/24)
[PR]
by C-Nemo | 2007-06-24 23:56 | #C
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(10) : 最終回
◆◆ (10)谷中霊園~日暮里駅 : やっと最終回、ふぅ~◆◆

[No.1、2] 幸田露伴居宅跡
あ、ここが谷中霊園だな、と思って歩いていくと、細い道の曲がり角に、なにやら囲いに
守られた木と、その木の前に説明板がありました。
No.1の画面左手にあるのが、その木です。

d0049179_22301728.jpg

説明を読むと、こんないわれのある木でした。
d0049179_22305151.jpg


[No.3、4、5]
その露伴の小説に描かれた五重塔のあった場所ということでしょうか。

d0049179_22502051.jpg

上の地図の「現在地」より、少し駅に向かって歩いたあたりは、こんな雰囲気です。
(画面右手は桜の木ですが、だから「さくら通り」なんですね。)

d0049179_22524873.jpg

この地図で黄色い色で示された区画の中に、白い部分が2箇所ありますが、
それは「徳川家墓所」です。広~いですね。

d0049179_22532447.jpg


[No.6] 谷中天王寺町という旧町名
d0049179_2331485.jpg


[No.7、8] 日暮里駅 (やっと今回の「歩き」の終点)
実際に歩いてみるまで、自分の中で「日暮里」のイメージは、こんな具合でした。でも・・・

d0049179_2382424.jpg

こういうのを目にすると、「あれれ」と思ってしまいます。(考えを改めなくっちゃ)
d0049179_2385020.jpg


以上、今回の健脚商売は、ようやく終着駅に辿り着きました。
長い長い歩きの旅におつきあいくださいまして、ありがとうございました。

(今回のシリーズ、予告編から最終回まで、全て2007/05/04に撮影)

[PR]
by C-Nemo | 2007-06-23 15:54 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(9)
◆◆ (9)延命院・経王寺・本行寺◆◆

[No.1、2、3、4、5] 延命院
d0049179_203596.jpg


d0049179_20354628.jpg


d0049179_20363498.jpg


d0049179_203756.jpg


d0049179_20374050.jpg

この大椎の木は、2002年に大枝が崩落する前は、こんな様子 ↓ だったらしいです。
http://www.geocities.jp/tokyowood/buna/shii04.html

雄々しい姿だったのに、お~惜しい!



[No.6、7] 経王寺

d0049179_23134346.jpg


d0049179_2315568.jpg

谷中七福神の大黒様ではないようです。

[No.8、9、10 本行寺
d0049179_23234655.jpg


d0049179_23242197.jpg


d0049179_23244942.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-06-23 15:40 | #N
菖蒲の花です・・・歩き疲れた(?)ので、ちょっと休憩

健脚商売は、まだもうひといき続きますが、このあたりでちょっと休憩です。
菖蒲の花などご覧になって、どうぞおくつろぎ下さい。

d0049179_2273166.jpg



d0049179_228112.jpg



d0049179_228252.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-06-17 22:09 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(8)
◆◆ (8)南泉寺~夕焼けだんだん  ◆◆

[No.1、2] 南泉寺
d0049179_22153922.jpg

今回、観音様のお姿は拝見せずに、前を通り過ぎただけでした。
d0049179_22164725.jpg


[No.3、4、5]
こんなお店もありました。

d0049179_22173019.jpg


d0049179_22181674.jpg


d0049179_2218457.jpg


[No.6、7、8] 夕焼けだんだんと、谷中ぎんざ(銀座)
d0049179_222549100.jpg


d0049179_2228897.jpg


d0049179_22285394.jpg


[No.9、10] 現在地
で、ここですんなり日暮里駅に向かって電車に乗ったかというと・・・
どっこい、谷中霊園を見ずして帰れるものか!

d0049179_22361850.jpg

この地図の画面右下、日暮里駅の右下方面に広がるグリーンの地帯一帯が、谷中霊園です。(広い!!)
d0049179_22364010.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-06-16 22:41 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(7)
◆◆ (7) 地蔵坂~諏訪神社~富士見坂 ◆◆

[No.1、2、3] 地蔵坂
この案内板の足元にあるのが、次の写真の、石段になった坂です。

d0049179_1465245.jpg

この坂を下りて、ここから見えてる踊り場のようなところに立つと・・
d0049179_1473855.jpg

・・・こういう坂に続きます。
その先に見えるのは、西日暮里駅のホーム。

d0049179_14871.jpg


[No.4、5] 諏方神社
d0049179_14102919.jpg

ご近所の方でしょうか。
若い人が、こういう風にお参りするなんて、地元で親しまれている神社なんだなと思います。

d0049179_1412133.jpg


[No.6、7、8、9、10、11] 富士見坂
向こうから来る自転車のおじさんが見ている方向が、富士見坂です。(ここからだと下りです)。
カーブミラーの中に、自転車を停めて、坂を見ている人が映っています。
(クリックすると、カーブミラーの像がわかりやすくなります)

この写真、左手の塀の中に卒塔婆が見えるのは、浄光寺(雪見寺)のお墓のようです。

d0049179_142235.jpg


d0049179_14305481.jpg


d0049179_14372648.jpg

お天気などの条件が良ければ、あのビルの方角あたりに、富士山が見えるそうです。
d0049179_1437568.jpg

街灯もおもしろいですね。
d0049179_14454087.jpg

坂道を下り切ってから、振り返ってみると。。。
d0049179_14461066.jpg


■おまけ:浄光寺(雪見寺)の案内板とか
[PR]
by C-Nemo | 2007-06-16 15:05 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(6)
◆◆ (6) 日暮しの里 ◆◆

[No.1、2、3] 西日暮里公園
 道灌山の説明がありますが、ここが道灌山だったのではないようです。

d0049179_20355572.jpg


d0049179_20362562.jpg


d0049179_20365319.jpg


[No.4、5]
d0049179_2037237.jpg


d0049179_20381915.jpg

[No.6、7] 高村光太郎の直筆
d0049179_2050152.jpg


d0049179_20504145.jpg


■これはどうやら 「その日暮し」(?)
[PR]
by C-Nemo | 2007-06-15 20:38 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(5)
◆◆ (5) 西日暮里駅へ ◆◆

[No.1]
d0049179_0575464.jpg


[No.2]
なんだかエッシャーのだまし絵を見ている気分になります。

d0049179_0582215.jpg


[No.3]
d0049179_059865.jpg


[No.4]
d0049179_0593572.jpg


[No.5]
d0049179_111992.jpg


[No.6]
d0049179_111426.jpg


[No.7、8、9、10] 西日暮里駅
d0049179_1234977.jpg


d0049179_1242064.jpg


d0049179_1245075.jpg


d0049179_1251566.jpg

この後、まだまだ続く道のりは・・・道灌山、日暮しの里散歩、谷中霊園・・・その途中の坂道やお寺、夕焼けだんだん・・・


■西日暮里5-38のGoogle地図
[PR]
by C-Nemo | 2007-06-15 01:00 | #N
[健脚商売] 「駒込⇒⇒⇒日暮里」(4)
◆◆ (4) 東覚寺・与楽寺 ◆◆

[No.1、2、3、4] 東覚寺にて
d0049179_21143888.jpg


d0049179_2118396.jpg


d0049179_23513971.jpg


d0049179_0121854.jpg


[No.5、6、7] 与楽寺にて
d0049179_0151034.jpg


d0049179_0153539.jpg


d0049179_016564.jpg


[No.8]
d0049179_0164568.jpg

最後の「与楽寺坂」の看板の写真ですが、この看板に沿っているこの道は、与楽寺坂ではありません!
撮っている時も、「こんなに平坦な道なのに、どこが坂道なんだ?」と不思議に思っていたのですが、
看板と坂道は、実はわりと離れているのだそうです。
坂道を集めたサイト・ブログを開設しておいでの方や、与楽寺坂の説明がありましたので、
ご紹介いたします。正しくは、そちらをご参考になさってください。(ああ、もう一度確かめてこなくっちゃ・・)

▼『東京23区の坂道』
 http://www.tokyosaka.sakura.ne.jp/index.htm
 http://blog.livedoor.jp/tokyosakablog/

▼『北区の歴史と文化財』
 http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/history/history/da139.htm

[PR]
by C-Nemo | 2007-06-15 00:38 | #N


SAMURAI FACTORY