<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
御仏
御仏は 眼をとじて 御名呼べば
d0049179_21251328.jpg
さやかにいます 我が前に

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-25 21:25 | #N
[庭の学校] (2)生徒の自由研究 : 結びの回
●以下、すべて7月の状態

1.カマキリの卵のその後

 孵化する前の状態 : 1月⇒(http://capnemo.exblog.jp/4498432)

d0049179_21181998.jpg


2.蘇芳の花のその後

 花が咲いていた頃 : 5月⇒(http://capnemo.exblog.jp/5320643)

d0049179_21184613.jpg


3.蝋梅の花のその後

 1.のカマキリの卵と同じ記事参照

d0049179_21191779.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-25 21:20 | #N
[庭の学校] (1)木蓮の種 & 庭の先生の直伝覚え書

1.これは何でしょう? 虫コブのように見えますが・・・
d0049179_213410.jpg


2.2つ取って、片方の中身を開けてみたところ
d0049179_2141511.jpg


3.この白いのが種

 開けてみると、傷がついて空気に触れた部分は、みるみるうちに茶色に染まっていく。

d0049179_2151480.jpg


4.これは木蓮の木でした

 別の枝では、次の花の準備まで進んでいる様子。

d0049179_21657100.jpg


◆◆ 庭の先生からの直伝・生徒の覚え書 ◆◆
[PR]
by C-Nemo | 2007-07-24 20:36 | #N
[7月の庭にて] (6) : 結びの回


d0049179_20131065.jpg

斑入りの部分が、まるで蛍のような、プラネタリウムのような、木漏れ日が映じたような。
[PR]
by C-Nemo | 2007-07-23 20:13 | #N
[7月の庭にて] (5)


d0049179_10522513.jpg



d0049179_10525120.jpg



d0049179_10531270.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-23 20:02 | #N
[7月の庭にて] (4)

d0049179_10444465.jpg



d0049179_10453841.jpg



d0049179_10472395.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-23 00:47 | #N
[7月の庭にて] (3)


d0049179_10574238.jpg



d0049179_1058994.jpg



d0049179_10582715.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-22 07:30 | #N
[7月の庭にて] (2)


d0049179_10184844.jpg


老朽化のため取り壊した隠居の跡に、白い虎の尾を咲かせてありました。
背景の蔵と隠居との間には、毎年春先に、日本水仙とスズラン水仙が並んで咲いておりました。

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-21 10:18 | #N
[7月の庭にて] (1)


d0049179_2225625.jpg

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-20 22:24 | #N
榛の木(ハンノキ)があった頃

帰省中、町の昔の様子を撮った写真を展示しているところへ行ってみました。
その中に、こんな写真がありました。たしか、昭和30年代の写真だったと思います。
頂上付近の木の具合など、私の子どもの頃の記憶とも一致します。

背景の山の手前に広がっているのは水田で、立っている木々は「ハンノキ」です。
自分の記憶の中のハンノキは、これほどたくさんではなく、その頃すでに、もう少しまばらに
なっていたように思います。

この写真を撮った方は、現在の状態を想像していたのかどうだったのか・・・
この雪景色の様子を、ただただ、「美しい」と思って撮られたのだろうと思います。

d0049179_2040879.jpg


これは、今年(2007年)の5月に私が撮った写真です。
山の形からすると、似たような場所から撮影したようです。

d0049179_20412643.jpg

いまは、こんな風に水田を麦畑にされた土地も多く、ハンノキはまず見かけません。
昔、ハンノキは、稲を干すためのハサ掛けや藁束を積み重ねるときの支柱となり、
暑い季節には、農作業に励む人にやさしい木陰を提供しました。しかし機械化が進み、
トラクタで田を耕すには邪魔な存在となり、稲は機械(灯油を燃やした熱)で乾燥させる
ようになり、無用になったというのです。


[ハンノキに関する情報]
 http://elekitel.jp/elekitel/nature/2005/nt_41_han.htm
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/yamahannoki.html

[PR]
by C-Nemo | 2007-07-19 20:41 | #N


SAMURAI FACTORY